名刺作成の方法はどれが良い

名刺作成にも色々な方法があり、業者に依頼方法と自分で作成する方法の2通りがあるのです。どちらにしたら良いのか迷っている人は必見です。それぞれのメリットや完成するまでの流れなどについて紹介していきます。

業者に依頼する方法

業者に依頼する場合、まずは業者探しから始まります。名刺作成する枚数を予め考えておき、デザインについては業者指定の物から選んだりする事も可能です。入力する文字についても作成依頼する時にお伝えします。枚数が多い程、一枚あたりの費用を安くして頂ける業者もあります。そして、作成依頼してから遅くても数日で完成して頂ける業者もあります。メリットとしては、作成するまでの流れが非常にスムーズであり、名刺作成する為の機材を持っている必要も無く、注文してから待っていれば完成するという時間節約もメリットです。企業が名刺作成をする場合において、一人一人の名刺を企業で作るのは社員の人件費も掛かりますので業者依頼が一番良いです。

自分で作る方法

名刺作成は非常に簡単で、無料の専用ソフトを使えば安く作れます。デザインなども自分で用意したモノで自分好みの名刺が出来ます。印刷する場合に、印刷機が無い方は、コンビニエンスストアなどの印刷機で名刺専用のコピー用紙で印刷する事も可能です。業者に依頼する場合ですと、完成するまでに時間が掛かる事もありますが、自分で作成するのであれば、直ぐにでも新しい名刺を補充する事が出来ます。また、名刺の肩書が変わったり住所などが変わったりすると、その度に業者に依頼しなくてはならない為、無駄な手間が増えてしまうのです。早く名刺が必要な方や名刺作成する為の機材が揃っているのであれば、自分で作成する方法が一番良いのです。

双方のメリットのまとめ

名刺作成には2通りありましたが、双方どちらにもメリットとデメリットがあります。スピード重視で必要な分だけ安く済ませたいのであれば、自分で名刺作成するのが良いですが、大量の名刺作成を考えているのであれば、業者に依頼する方法が宜しいという事が分かります。今現在、自分にとってメリットを感じる方法を選ぶのが一番良いです。自分で作成する場合のメリットを業者が行っている場合もあり、一概に一括りにするのは難しいのですが、自分に合う業者を選ぶ手間がデメリットであると感じる人は、サクッと自分で作成するのが時間の無駄を減らせます。パソコンや印刷機、コピー用紙、インクなどが揃っておらず、全てを揃えるのにも費用が掛かりますので、無い方は業者を選ぶのがベストです。

高品質な名刺印刷は「プレス・トークダイレクト」 2月からオリジナルうちわの早期キャンペーンを行います。 在データを使ったリピート注文や商品を引取りに来た会員様にはポイント5倍。 トレーディングカードは、少部数から多種・短納期対応。名古屋の印刷通販。 CDジャケット印刷などのジャケット系に強い。 簡単なデータの修正なら無料でデータ修正を行うサービスを行っている。