ちょっとしたこだわり印象を変える名刺作成

名刺作成をするときにはちょっとした工夫をするだけで大きく印象を変えることができます。作り始めたときから印刷を終えて手にするまでの間、ずっと細かなところまで気を使うのがより良い名刺を手にするために大切です。

色を使って変わる印象

名刺作成をするときにはモノクロにしたり二色刷りにしたりするのにメリットがあります。安くしようと考えると色数が少ない方が安上がりになる業者も多く、フルカラーともなると高額になてしまいがちです。デザインをする上でも色数を限ってしまえばできることが制限されるため、その枠内でできる限りのことをすれば良いと考えれば良いでしょう。名刺作成自体も楽になるのは確かですが、印象を良くしたいと考えたら色数を制限してしまうとマイナス効果になりかねません。カラフルならば良いというわけではありませんが、色数がある程度はないと表現したいものもしっかりと示せなくなってしまいがちです。一目見たときに目を引けるようにするためにも色は積極的に使いましょう。

同じ文字でもフォントが変える印象

文字を名刺に入れるときには明朝体やゴシック体のような一般的なフォントを使用することが多いでしょう。氏名、役職、所属などを入れるのは名刺作成において必須ですが、そのフォントに工夫をするだけでも大きく印象が変わります。想像してみればわかりやすいものであり、丸文字を使ったら愉快さや明快さといった印象を生み出すことができるでしょう。一般企業で働いているビジネスマンにはあまり合わないかもしれませんが、デザイナーなどの場合には自分の仕事ぶりや性格に合っているのであれば良い候補になります。楷書体や草書体などを使ってみるのもかなりの違いを生み出す方法です。太さを少し変えたり、白抜きしたりしても大きく変化するので色々なフォントを試してみましょう。

印刷する用紙の種類で異なる印象

名刺作成は一通りのデザインや文字を入れただけでは終わりません。印刷をするときには用紙を選ぶこともできるでしょう。安いから上質紙の薄いもので良いと考えてしまいがちですが、僅かな違いで大きく印象を変えられるのが名刺作成に使う用紙です。同じ上質紙であっても少し厚みを増やすだけで質感が増します。しかし、より重みを高めたいと考えたらコート紙を利用すると光沢もあって色合いも美しくなるでしょう。光沢が合わないデザインの場合にはマット紙を使用するのも良い方法であり、落ち着いた印象を与えられると期待できます。この他にも様々な種類の用紙を扱っている業者があるので、実際のサンプルを手に取ってどれが良いかを選ぶのが重要です。