名刺作成の法とそれぞれのメリット、デメリット

名刺作成は、新社会人になった方や、転勤や転職をされた方にとって、新たな気持ちで仕事を行う第一歩となることでしょう。ここでは、名刺作成の3つの方法と、それぞれのメリット、デメリットをご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ワードで名刺を作る

名刺作成は、会社によっては経費ではなく自己負担で行わなければならないことがあります。また、経費節減のため、名刺作成に予算を使えないこともあるかもしれません。そんな時に、おすすめなのがワードでの名刺作成です。ワードで名刺を作る時は、まず一般的な名詞のサイズ、縦55cm、横91cmにレイアウトできるよう、フォーマットを設定します。名刺専用の印刷用紙を使う場合は、ラベルの型番を選択し、印刷した時にズレのないように設定しましょう。フォーマットができたら、テキストボックスで情報を入れていきます。ロゴを入れたり、フォントや文字サイズを調整していきましょう。この方法のメリットは、何といっても予算が安く抑えられることです。一方、デメリットはやはり手間がかかることです。予算と手間を考えた上で、参考にしてみてください。

アプリを使って手軽に名刺作成

スマホとアプリがあれば、簡単に名刺作成を行うことができます。アプリで作成した名刺は、コンビニのマルチコピー機からプリントアウトすることもできますし、そのまま印刷業者に発注することもできます。この方法で名刺を作成するのに必要なことは、まず名刺作成アプリをダウンロードすることです。アプリの機能によって、先ほどご紹介したようなコンビニでの印刷が可能になります。外出先や出張先で急に名刺が足りなくなった時にも、すぐに印刷できるので、たいへん便利です。ただし、大量に印刷するとなると時間やコストがかかり、印刷業者へ依頼したほうがお得な場合もあります。アプリで作成する際は、予算や枚数に応じて、上手に利用するとよいでしょう。

名刺作成の印刷業者へ依頼する

名刺作成で最も多く利用されているのが、印刷業者へ依頼する方法です。品質やデザインに優れ、ネットやアプリで手軽に注文できるので、手間もかかりません。特に、大量に必要な場合は、時間やコストを節約でき、自分で作成したり、アプリを利用してコンビニで印刷するよりもお得です。また、現在では発注から納品までの時間もかなり短縮されていますので、早急に用意する必要がある場合にも、希望に応じて納品日を指定することも可能です。メリットは、何と言っても品質の良さですが、それ以外にも量によってはコストが安くなったり、手間がかからないことも挙げられます。一方、デメリットとしては、緊急に手直しが必要になった場合に、他の方法に比べて多少時間がかかってしまうことです。目的や量、予算に応じて、利用しましょう。